脱毛を受ける前に注意する7項目

脱毛サロンを初めて利用しようと考えている場合、注意する点などはあるのでしょうか。
事前に把握して、安心した中で施術を受けたいものです。

自分は申し込める対象なのかきちんと確認する

実は全員が脱毛を受けられるというわけではありません。生まれ持った持病がある方は控えなければならないです。

タトゥーを身体に入れている方も要注意です。美容整形を行なった部分も事前に伝えるようにしましょう。そのまま黙っていると肌にトラブルが起こりかねません。

より安全に脱毛を受けたいのであれば、事前に自分は対象者なのか確認してみましょう。
わからない部分はスタッフが丁寧に教えてくれるので気兼ねなく聞くようにします。

脱毛を行う当日にムダ毛処理はしないようにする

脱毛を行う上でムダ毛処理は欠かせません。
だからと言って、脱毛する当日にムダ毛処理を行うようではカミソリによって皮膚を傷つけてしまいがちです。人によっては肌荒れを起こしてしまうでしょう。

事前にトラブルを避けるために当日ではなく、数日前にきっちり行います。焦りも感じないので丁寧にムダ毛処理も行えることでしょう。

飲酒や激しい運動は行わない

お酒や運動を行うようであれば自然と体温も上がります。
身体がポカポカした中で脱毛を行えば、痛みやかゆみが生じてしまいます。なるべく安静にしているように心がけましょう。

刺激を与える行動は脱毛を終えてからにした方が賢明です。夏であれば日差しの下にいず、日陰を選び涼むようにしてください。

メイクはして大丈夫、だけど脱毛部位には何もつけない

脱毛当日はスッピンでいなくてはならない。ということはありません。脱毛を行う部分が脇や腕であれば顔は全く関係ありません。
顔を脱毛する場合、口周りだけ行う人がほとんどなので、目元などはきっちり化粧を施して大丈夫です。

脇を脱毛するのであれば制汗剤。腕を脱毛するのであれば日焼け止めクリーム。とそれらのものは付けないように気をつけましょう。
意外と関係ないと思われがちな虫除けスプレーもNGです。

服装に決まりはない

動きやすい服装でないとダメなのか。不安に思っている方もいるでしょう。服装に決まりはないので安心してください。
脱毛を受ける前には、専用の服にサロンで着替えることになっているので、訪れるための服装は何でも大丈夫です。

個室なので着替えているところも見られないので安心です。なので、その後の予定に合わせた服装でもOKなので深く悩むことはありません。

生理中の場合脱毛を受けられないことがある

女性であれば月一やってくる生理ですが、最中は脱毛を受けられない場合が多いです。
店舗によっては全ての部位の脱毛を控えるよう、形を取っているところがあるので、自分の予定をきっちり把握しておきます。

せっかく予約を入れたのに脱毛出来なかった。ということにならないように、しっかり計画を立てたいところです。

変わったことは行わない

脱毛を受ける前、変化が伴う出来事は行わないようにしてください。例えば海外旅行に行く。サーフィンを始める。など自分の身体に影響を与えることです。
したいことが見つかってもなるべく安静に、無事脱毛完了してから始めるように努めましょう。不安であればスタッフの方に聞くことが大切です。

脱毛を受ける前に気をつけることはいくつかありますが、難しい点は一つもないので安心です。
知らぬうちに行なっていたらやはりショック。予約を入れたのに脱毛出来なかった。なんてことになれば予定も押してしまいます。

ルールを守れば、親の同意ありで未成年者でも脱毛を受けることができます。
脱毛することでムダ毛処理も行う必要がなくなり、自分の自信にも繋げることが可能です。

関連記事:自分に合う全身脱毛の選び方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ