自分に合う全身脱毛の選び方


ムダ毛の多さをコンプレックスにしているかたは、一部分だけではなく全身が気になるという場合がほとんどでしょう。

同じであれば部分脱毛を受けるよりも、思い切って全身脱毛を始めたほうが料金的にもお得になりますので、機会があればキャンペーンを利用して開始することをおすすめします。

脱毛サロンによって割引率は異なってきますが、新規利用者に限っては半額以下で全身脱毛を開始できるケースも少なくありませんから、せっかくのサービスを受けない手はありません。

ただし、脱毛サロンごとにプランに差がありますので、必ずどういったペースでどのように脱毛していきたいのか計画を練ってから脱毛サロンを決めるようにしてください。

全身脱毛を受ける前の計画

全身脱毛の1回の範囲

たとえば、1回の施術で全身全ての施術を受けられるサロンと、半身ずつ施術をして2回で1回の施術とカウントするサロンがあります。

前者は一度に施術を終えられますが、1回の施術の拘束時間が長くなりがちです。後者は施術時間を短縮することができますが、その分何度も脱毛サロンに通う手間がかかってしまうという違いがあります。

どちらのほうが自分にとって楽な施術方法なのか考える必要があるでしょう。

回数制か月額制か

また、回数制にするか月額制のプランにするかでも異なってきます。
回数制は料金設定が明確ですから、自身が希望する回数の料金を先に払って施術を受けるのみです。

月額制の場合には月々一定の料金を支払い続ければ、満足するまで施術を受け続けられますので、ムダ毛の量が多いかたには安心できるプランになります。

ただし、都合のいい日時に確実に予約が取れるサロンでなければ思うような施術を受けにくいというデメリットもあり、予約状況などをしっかりと把握した上で通いやすいお店を選ばなければなりません。

脱毛後のムダ毛の量

また、どの程度ムダ毛の量を減らしたいかも考えておいてください。
ムダ毛が多少残ってしても細く目立たなくなれば充分だと考えていれば、その分少ない回数のプランを選べます。

逆に、完全にムダ毛をなくしてツルツルになりたいというのであれば、それだけ多くの施術を必要とすることになりますので、1回あたりの施術コストが少なくなるように最初から多めの回数のプランを契約したほうがお得です。

満足できずに後から追加する形になると余計な出費がかさんでしまうことになりますから気をつけてください。

希望する部位が含まれるか

さらに、全身脱毛に含まれる部位に関しても注意が必要になってきます。脱毛サロンによってはフェイス脱毛が対象外になっていることが多く、顔のムダ毛も減らしたいと希望している場合には追加契約をしなければなりません。

それでしたら、最初からフェイス脱毛も含まれている全身脱毛を選んだほうがお得です。大抵の脱毛サロンではホームページで全身脱毛の対象部位を明記していますから、最初に必ず見ておくようにしてください。

契約する前の確認事項

大まかな目的を決めて計画を立てたら、あとは後悔しないようになるべく多くの脱毛サロンで全身脱毛の見積もりを取るようにするのがおすすめです。

ただ安いところを選ぶのではなく、効率よく効果的な施術を受けられるかどうかも確かめておくことが大切になります。
見積もり自体は無料ですし、カウンセリングを受けて細かい確認をしておきましょう。

初めての脱毛でいきなり全身脱毛を契約する勇気がないというのでしたら、ワンコイン程度で受けられるワキ脱毛でフラッシュ脱毛がどういったものなのか確認しておくという方法もあります。

我慢できる痛みかどうか、肌トラブルは起こらないかどうかなどを確認した上で次のステップに進むといいでしょう。

施術を重ねていくと目に見えてムダ毛の量が減っていきますから、部位脱毛で効果を確かめてから全身脱毛に移行するかたは少なくありません。

店舗の近さ・通いやすさ

全身脱毛するために脱毛サロンに通うなら、最低も10回、期間にして2年くらいはかかります。つまり、長い期間通うことになるので、脱毛サロンは近い方が便利になります。

いくら良い脱毛サロンがあったとしても、その地域や場所が遠かったり不便だと通うことが面倒になります。

長期間、ストレスなく通い続ける為には、通いやすい場所にあるか、アクセスは良好か調べることが大切です。

まずは自分の地域にある脱毛サロンのアクセスや所在地を調べて、その中から選択することが条件となります。やり方は簡単、名古屋なら全身脱毛 名古屋とチェックすること。まずはご自身が住む都道府県の脱毛サロンをチェックしましょう。

全身脱毛するとムダ毛が無くなって自分自身に自信を持つことができます。
美しい女性を目指すために、ぜひ脱毛をはじめてみま専科。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ